決まらない場合はどうすればよいか

離婚のとき、未成年の子供がいる場合、話し合いにより夫婦のどちらかを親権者と決めないといけません。離婚届には親権者を書く欄があり、ここが空欄のままだと離婚届が受理されないので、後回しにすることはできません。

 

 

話し合いでどちらが親権者になるかどうしても決まらない場合は、裁判所に親権者の指定を求める調停を申し立て、そこでの話し合いを通じて決めることになります。
実際には、親権の問題が解決しない限り離婚はできないので、離婚するかどうかも含めて話し合うため、離婚調停の申し立てをするのが一般的です。

daruma01_m

 

調停でも折り合いがつかない場合は、親権者指定の審判手続きに移行し、裁判所の判断により親権者を決めることになります。また離婚調停が不調に終わった場合も離婚訴訟となり離婚の成否・条件に付いて争うことになりますが、このときも離婚の条件の一つとして親権をどうするかを裁判所に判断してもらうよう申し立てをすることができます。

 

 

判断の基準については、親の都合よりも子供の幸せや福祉につながるかどうかが主な基準となります。
具体的には、子供に対する愛情や経済力、生活環境、子供の年齢や性別、子供本人の意思などの事情を考慮して、総合的に判断されます。

コメントは受け付けていません。