監護者を変更したいとき

jyuken_l

 

監護権は、子供が身分法上の行為をするにあたっての親の同意・代理権や親が子供の居所を指定する権利や子供に対して親が懲戒やしつけをする権利や子供が職業を営むにあたって親がその職業を認可する権利などが有ります。

 

 

この監護権は親権の一部ですから、原則として親権者が行います。しかし、親権者に経済面や精神面で、子供の監護や教育の環境が悪化している場合や、子供と親権者の再婚相手との関係がうまくいっていない場合は、別の人に子供の監護をしてもらう必要が有ります。

 

 

それで監護者を変更したいときは、基本的に父母の合意があれば、双方の話し合いで変更が出来ます。しかし双方の話し合いや、話し合いが行われない場合は、家庭裁判所に調停または審判を求める必要が有ります。そして調停で合意がされなければ、自動に審判に移行をして、裁判所が審判を下します

 

 

監護権は父母だけではなく祖父母や子供の叔父叔母にも持ってもらうことが可能です。ただ監護権を持てば子供を扶養し監護をしなければなりません。だから子供を引き取り育てなければなりません。だから監護権を持つことは出来ますが、子供を扶養し監護する義務を持たされる為、そのことを理解してもらい同意を得られないと変更は認められません。

 

コメントは受け付けていません。