親権者を決定する基準

親権とは、離婚後の未成年の子どもに対してもつ身分上及び財産上の養育保護の権限や責務を持つ権利のことを言います。わかりやすく言いかえれば、離婚後子どもと共に生活し、育てていく権利を持った親のことです。通常、夫婦で協議をして決めることになりますが、話し合いで決まらない場合は、家庭裁判所が間に入り親権者を決定します。

 

 

親権の決定に関しては、いくつかの基準を元にしています。たとえば、親の監護能力の有無です。心身共に健康であるか、精神病や重い持病はないかなどが考慮されます。次に居住環境や家庭環境、教育環境などが考慮されます。つまり、どちらの親と一緒に暮らしたほうが、子どもにとって益がある環境なのかということです。さらに、子どもの対する愛情や子どもを育てる意欲が問われたり、経済状況が問われたりします。ただ、養育費に関しては双方の親に支払う義務があります。

 

 

また、子どもの年齢によっても判断が変わっていきます。衣食住の面倒が必要な0歳~10歳程度までの場合は、母親が親権を得るケースが多く、10歳~15歳の場合は、子どもの発育状況に応じて、子どもの意志も考慮されるようになります。さらに15歳以上の場合は、子どもの意志がより重要視されるケースが多くなります。

コメントは受け付けていません。