親権者変更の届

夫婦が離婚する際に未成年の子供の親権を父親か母親のどちらかが持つか決定しなくてはなりません。
離婚届には親権者の記載欄がありますので、こちらの記載が無いと離婚届は不備と見なされて役所で返されてしまいます。
ただし、親権は一度決定してしまうと変更が出来ない訳ではありません。
裁判所の許可を得る事で変更する事が可能です。
裁判所の許可を得て、役所で変更届を提出する事で変更が出来るのです。
変更届を提出すると戸籍にもその旨記載されます。
子供の色々な手続きをする際に親権を有している親がしなくてはならない事が多いのです。
例えば、離婚の際に親権を父親が持ち、養育権を母親が持った場合、学校の入学などの手続きは親権を有する父親がしなくてはならないケースもあります。

teacher01_l
日常生活の中で、不便が生じる事も多いので親権の変更を行う方もいるのです。
裁判所では親権を変更するに辺り、正当な理由があれば変更を認めてくれます。
親権の変更を考えている方は、まずは裁判所に問い合わせをする事をおすすめします。
戸籍謄本や住民票など必要な書類などもありますので、裁判所で確認しましょう。
裁判で認められたら、そのままにせずに役所でも手続きも必ず行いましょう。

 

コメントは受け付けていません。